ぼそっと僕は小言を言う

それなりに人生やってきたつもりだけど、よくわからない。

『感動ポルノ』という言葉



こないだの土曜日から日曜日にかけて、日本テレビ系列で、毎年恒例の「24時間テレビ」という、障害者をお茶の間の晒し者にする番組がありましたね。




今年は、放送4日前にチャリティーパーソナリティーとして&ドラマ出演予定だった高畑裕太容疑者が強姦で捕まってしまい、何かと話題になっていましたが、その24時間テレビの裏で、こんな番組が放送されていました。







f:id:yanyan1888:20160829111706j:plain

NHKEテレの「バリバラ」という番組です。その中のコーナーに「検証!『障害者×感動』の方程式」というのがありました。



挑戦的すぎる放送スタイル



この番組は28日(日)の夜7時から放送されていました。この時間といえば、日テレさんでは「24時間テレビ」のクライマックス真っ只中。
その番組の裏で放送されていたんです。

しかもこんなロゴまで作って笑f:id:yanyan1888:20160829112446j:plain



もう狙いに行ってるとしか思えませんね。



そもそも「バリバラ」とは

そもそもバリバラという番組は何なのか。僕は全然知らなかったので、調べてみました。


www6.nhk.or.jp

この番組の根底にあるテーマとして、障害者向けの情報バラエティーだそうで、感動というものを控えて、なるべく笑いを交えて楽しく放送しよう、というのがあります。
出演者に積極的に障害を抱えた人を迎えて、バンバン意見を言ってもらっているようです。

過去には、タブーだとされていた話題にも触れて、かなり挑戦的な番組を作っているようです。

障がい者は感動を与えるための道具じゃねえ

これは番組内で紹介されたものです。

アメリカのニューヨークでは定期的に、誰でも公演できる「TED」というのが開催されているのですが、2014年に開催されたTEDでは、2014年12月に亡くなった、コメディアン兼ジャーナリストのStella Young(ステラ・ヤング)氏が出演し、従来の「気の毒な障害者」という枠を破った率直な発言で人気を集めました。

そしてこの中で、こういったことを言っています。

手がない女の子が口にペンを加えて絵を描く姿
カーボンファイバーの義肢で走る子ども
こうした姿を見たとき 皆さんは
「自分の人生は最悪だけど 下には下がいる 彼らよりはマシ」だと思うでしょう
私たちはこれを「感動ポルノ」と名付けました。

f:id:yanyan1888:20160830172111j:plain


僕はこれを聞いて、今まで胸の中にあった「おかしい」という感情の意味がわかった気がします。
某24時間テレビでは、障碍者の方たちをテレビに出させて「ほれほれ、感動しろよ~」みたいな演出をしています。

「私は下半身麻痺で足が動かなくなってしまいましたー。」
「過去にはオリンピック候補に選ばれるほどの実力があったのにー」
「私はー、家族やー周りの友人に支えられてー生きてきたんですよぉー」

みたいなやつ。


こうやって感動を誘うとしてくるのはいいんですけど、
障碍者本人の気持ちは本当に反映されているのか。

自分たちの人生の半生がお茶の間に晒されて、皆の涙を誘うための道具にされているんじゃないか。

この番組内でも、障害を持った方が言っているんですが、
「私はそんなこと思っていないのに、"そういう番組だから"、"こういう演出にしたいから"という理由で思ってもいないことを言わされる」
というようなことを言っております。

ほら、実際に数字に出てる

f:id:yanyan1888:20160830180343j:plain
これは番組が独自にとったアンケートで、この結果がかなりの反響を呼んでいました。

当の障碍者の方たちの9割がはっきり「嫌い」と言っているんですね。
これは先述したような理由の現れじゃないかと思います。


目指すのは"隔離"じゃなくて"共存"だろ

障碍者たちをテレビに出して、辛かった人生の半生を語ってもらい、自分の現在をリアルタイムに見せ、心境を語ってもらう。
こうすることで確かに感動は生まれます。涙出ます正直。



でも、これによって生まれる感想って
「かわいそうに…」
「世の中にはこういう人たちもいるんだね…」

といった、自分とはあたかも関係ないようなものばかり。


実際僕ら健常者にとって、障碍者が抱えている痛みや辛さなんてわからないものです。
自分の身内とか友達、知り合いに居ないとわからないんです。

だからそういった番組を作られると、僕らと障碍者の間に心の距離感がぐわっと広がると思うんです。



これが障碍者の方たちを『隔離』しているんじゃないかという原因。




本来、社会全体として目指すべき姿は『共存』じゃないんですか??




外に出て公共施設に行ってみれば、「バリアフリー」を意識した作りの施設だってあります。

バリアフリー」は本来、障碍者の方たちが僕らと同じように生活できるように、『共存』できるようにあるはずです。




だから僕らが目指さないといけないのは、
「健常者と障碍者が同じように笑い合い、泣いて、喜び合える社会」
のはずです。



そのためにも、一方的に感動を押し付けて、感情を突き放すのではなく、
同じものを見て同じように笑い喜ぶ番組っていうのが、重宝されるべきではないでしょうか??




www.youtube.com


【名盤】Linkin Park 『Meteora』



はい、今日も名盤を紹介したいと思います。


本日はこちら!!!
f:id:yanyan1888:20160830152247j:plain

Linkin Parkの2ndアルバム「Meteora」でございます。

そもそも僕自身あまり洋楽を聞かないんですけど、
Linkin Park, Korn, SlipKnot, ABBAなど(有名どころばかり)は好きでよく聞きますね。


そのうちのLinkin Parkの中でもかなり評価の高いアルバムである「Meteora」について語ります。

Linkin Parkとは

アルバムの紹介をする前に、Linkin Parkについて少し触れますね。


f:id:yanyan1888:20160830153704j:plain

Linkin Parkというのは、2000年代~にかけて一気にブレイクした、アメリカ出身のオルタナティブ・ロックバンド。
オルタナティブ・ロックと表現したが、一重にそれだけでは言い表せず、
オルタナティブ・メタル、ニューメタル、ヒップホップなどの音楽を取り入れ、独自の音楽を提供し続けている。


2009年には映画「トランスフォーマー:リベンジ」の主題歌にもなっていたので、この曲なんかは有名で聞き覚えがあるかもしれない。
www.youtube.com


突然変化した音楽性



そんな彼らだが、2枚目→3枚目でかなり音楽性の路線を変えてきている。
1枚目の「Hybrid Theory」と2枚目の「Meteora」では、積極的にマイク・シノダのラップをロックの中に取り入れ、色濃くヒップホップ要素を残していた。俗に言われる「初期リンキン」という音楽性だ。

www.youtube.com
(1stアルバム「Hybrid Theory」より)



しかし3rdアルバムである「Minutes To Midnight」では、マイク・シノダのラップが減り、電子音楽をふんだんに使用するようになり、音楽も哀愁漂う楽曲が増えた。よく言われる「変わった」ってやつだ。
ちなみに先ほど紹介した「New Divine」は3枚目リリース後なので、変化後である。ラップが無く、音も基本的にシンセサイザーなのがわかるだろう。


こうした変化の中で、やはりファンは音楽性の変化する前の「初期リンキン」を好む人が多く、その中でもアルバムとしての出来が天才的すぎる「Meteora」が高評価なのである。

圧倒的コンパクトさ

ここから本題へ。

yanyan1888.hatenablog.com
僕は以前も書いたが、基本的に「アルバム時間が短ければ短いほど好む傾向にある」のである。
そしてこのアルバムは13曲収録されているのだが、合計の収録時間は驚きの「36分34秒」である。短い。

今ちょうど「Meteora」を聴きながら書いているのだが、すごく聞きやすいんだよな。
1曲当たり2分半~3分ちょいとかだからスーッと流れていく。





あとこのアルバム、聞いてもらうと分かるんだが、ほとんどの曲で、アウトロとイントロを繋げてくる。

どういうことかというと、例えば、7曲目に「Faint」という曲があるのだが、この曲は
「ウィィィイイイン」
というようなイントロで始まる(言葉じゃわかりづらいな。聞いてくれ実際に)


www.youtube.com



このイントロ、実は6曲目の「Easier To Run」のアウトロから流れ始めているのである。
だから「Faint」だけを聞こうとして再生すると、イントロが中途半端なところから始まるのである(笑)。
無理やりつなぎ合わせているのである。


だが、この繋ぎ合わせによって、曲間に無駄に空白の時間が流れることがない。
一般的に空白の時間があると、曲と曲の間の切れ目がわかりやすくて良いのだが、このアルバムの場合はわざわざそんな切れ目は示さなくていいのである。だってアルバムは1枚で1つの作品だからね。

1つのアルバムで多くのジャンルを行ったり来たりしているようなJ-POPだと空白が必要かもしれないが、ジャンルの幅が1つのアルバムの中で行ったり来たりしないようなアルバムだと、切れ目がなくても気持ち悪くないよね。そういうことだ。だったらスーっと流した方が胃もたれせずに聴けると思う。


オープニングが最強

1曲目に「Foreword」という13秒程度のSEみたいな曲があり、
そこから2曲目の「Don't Stay」に移るのだが、

もうね、ここのつながりが最強なんだよ。

このつながりの凄さはもう、アルバムを入手して聴いてもらう他無いんだけど、
なんか、一気にぐわーっとスタートする感じじゃなくて、ジワーッとアクセルを踏む感じ。

だけど「Don't Stay」のギターリフのカッコよさにテンションが上がっちゃう。そんな感じである。(語彙力の無さ)

www.youtube.com


ラストもたまらない「Numb」

最後の13曲目に「Numb」という曲が収録されているが、これは本当に名曲だと思う(ちなみに僕は先程紹介した「Faint」がリンキンの中では一番好きである)。


www.youtube.com

ラストっぽいおとなしい曲なんだけど、イントロのギターリフカッコいいし、サビのシャウトカッコいいし、もういろいろカッコいい(語彙力の無さ)。






是非Linkin Park知らない人は、このアルバムから聴いてもらうと、Linkin Parkが大好きになると思います。

プログラミングとは

f:id:yanyan1888:20160827142612p:plain


こんにちは。
今日はちょっとプログラミングについてお話ししようと思います。





僕は学校で、情報工学というものを専攻していて、コンピュータのソフトウェアやハードウェアに関することを学んでおります。
当然そこには「プログラミング」というものもついてくるわけで。


僕はまだまだ学生の端くれなんで、ものすごくプログラミング出来るというわけでもないし、アプリ開発の経験があるわけでもないので、知識や経験は石ころ程度なんですが、プログラミングを学び始めて3年くらいはぼちぼち経つので、初心者レベル以上はあるのかなと思っています。




まあさっきからプログラミングプログラミング言っているわけなんですが、コンピュータに疎い方はそもそもプログラミングとはなんだ、と思うでしょう。なのでザクッとプログラミングとはなんなのかお話しします。


コンピュータは自分では何もできない

f:id:yanyan1888:20160827143306j:plain


皆さんコンピュータって何をしてくれますか??

コンピュータって使い方次第ではなんでもやってくれますよね??




自宅に置いてあるようなパソコンだけでもいろいろ機能はあります。

  • CD,DVDの再生
  • インターネットで調べもの
  • プリンターとつなげて写真のコピー
  • 年賀状の作成
  • ゲーム
  • メール
  • 音楽の取り込み

と、キリがないほど機能を持っていますよね。




パソコン以外にも話を広げていくと、

  • エアコン
  • 銀行のATM
  • レジ
  • 工場の機械
  • コンビニとかにおいてあるチケット発券機

f:id:yanyan1888:20160827150055p:plain

などもコンピュータです。





便利ですよね。ボタンをちょちょいといじると、サーっと物事をこなしてくれます。
コンピュータって頭がいいと思いますよね??


でもコンピュータって頭がいい訳じゃないんです。




そもそもコンピュータっていうのは原始は計算機。
人間が「あーしろこーしろ」っていう命令をひたすら計算しているだけに過ぎないんです。だからコンピュータは人間からの命令が無ければ、何もできないんです。


ただ、その計算のスピードはものすごく速い。
今やコンピュータの計算速度は、1秒に何億回とかそういうレベル。


それだけ素早く計算してくれるから、人間からの命令も素早く処理出来て、いろんなことが出来るわけなんですね。




命令の順序=プログラム

じゃあ、プログラムというのは何かというと、ザックリ言えば「人間からの命令」ということになります。
で、プログラムを書くことをプログラミングと言います。


じゃあ我々はコンピュータに作業させるためには、ただ闇雲に命令をぶつけていけばいいのか、というと、そうではありません。順序立てて命令を与えないとダメなんです。


こんなところにも使われている「プログラム」という言葉

「プログラム」という言葉は、何もコンピュータの世界だけで使われているわけではありません。
何かわかりますよね??

f:id:yanyan1888:20160827145401p:plain
小学校の運動会などで、競技が行われる順番、スケジュールを「プログラム」と言います。



運動会や、卒業式などの式典は、こういった「プログラム」に沿って、順番通りに進められていきます。
このプログラムに反して進められることはまずないですよね?

小学校の運動会なんかは、ちゃんと最初に準備運動をしてから競技に移ります。いきなり「帽子取り」とかしないですよね。



だから「プログラム」というものは、命令の順序とかも正しく書かれていなければならないのです。


有名なプログラミング言語


有名なプログラミング言語というものをザックリ挙げてみます。もしかしたらプログラミングしたことないよ!!という人にも馴染みある言葉があるかもしれません。


C言語

C言語は一番ベーシックな言語だと思います。世の中にあるプログラミング言語はだいたいこいつの派生から来ています。

例えば、C++とかC#とかJavaとかはこいつの派生です。


プログラミングを勉強する際は、自身のゴールがC言語ではなくても、C言語をやっておいた方がいい、とよく言われますね。

Java

Javaは先述したとおり、C言語の派生のプログラミング言語です。
最近のソフトウェアなんかは、C言語よりもこちらの言語で書かれていることが多いです。
プログラミングの手法として「オブジェクト指向」というものがあるんですが、このJavaは、「オブジェクト指向」でプログラムを書くのに向いています。
ただ、Cよりも癖があり、学ぶのが少し大変な言語でもあります。

HTML,CSS

HTML,CSSは、ホームページを記述する際に使われる言語です。
Webページを作りたい!!という人はこういった言語を習得する必要がありますね。

はてなブロガーの方はよくお目にかかるのではないかと思います。


その他


programming-study.com
他の言語に関しては、是非このサイトもチェックしてみてください。


まとめ


f:id:yanyan1888:20160827151830p:plain

ザックリとプログラミングというものについて書いてみました。
今は専門の分野に進まないと学ぶ機会がないプログラミングですが、近い将来には小学生の学習要項に「プログラミング」が追加されるという話もあります。

プログラミングは、物事を順序立てて考えないといけないので、プログラミングを学ぶことにより、論理的思考が身に付きやすいみたいで、世界各国の偉人たちは「みんなプログラミングを学んだほうがいい」と言っているくらいです。



機会があれば、プログラミングというものをしてみてはいかがでしょう??