ぼそっと僕は小言を言う

それなりに人生やってきたつもりだけど、よくわからない。

音楽を聴くうえで

昨日の記事で書いた通り僕は邦ロックが好きであり、邦ロックの音楽鑑賞やライブ参戦が趣味であったりする。


そして音楽を聴くときは、曲単位でその時の気分でチョイスして聴くのもよいが、
僕は是非、音楽を聴くときはアルバム単位で聴くことをおススメしたい。


理由はいたって単純で、ロックバンドなどに限らないけど、多くのアーティストは、アルバムというものに力を込めて制作していることが多い。



日本の有名どころのアイドルやアーティストは基本的に、シングル曲にCM・ドラマなどのタイアップをつけて、アルバムより先に先行させてシングルを発売させているので、マスコミやメディアなどはこぞってだいたい、シングルのオリコンチャートにスポットライトを当てがちである。

「○○の最新シングルがオリコンチャートTOP10入りー。はいこのアーティスト来てるー」みたいな。


でもそれではアーティストの素の味というか、アーティストの出している音や空気は感じ取りきれないのではないかと思う。



実際、アルバムに先行してシングルをリリースしているのは日本くらいなもので、アメリカ、イギリスなど、洋楽とくくられる世界各国では基本的にアルバムを先にリリースし、その中から1,2曲シングルカットする手法をとっている。

どうも日本の音楽風潮は、「アルバム<シングル」なので、アルバムがどうしても後ろに隠れている。


それではもったいない。売れ線を第一の目的としたシングルとは違い、曲のつながりとか、空気感、持ち味を大事にしているアルバムを、音楽好きなら聴くべきだ。しかも途中から再生とかではなく、トラック1からシャッフルせずに最後まで一通り聴いて欲しい。
なかなかアルバム1枚をぶっ通しで聴くのは苦に思えるかもしれないが、
名盤だと言われる部類のアルバムはアルバム1枚一気に聴くことなんかちっとも苦じゃないのだ。

良いアーティスト・バンドは、1枚聴いていて疲れさせないアルバムをきちんと製作すると僕は考えている。



この記事を読んでくれた音楽好きの方には是非アルバムを聴いてほしいです。
なかなかCD買うお金が無い…というかたでも、TSUTAYAさんとかにいけば、名盤はいっぱいあるので、是非アルバムを好きになってほしいな。

そして是非あなただけの名盤を見つけてほしい。