読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼそっと僕は小言を言う

それなりに人生やってきたつもりだけど、よくわからない。

ORANGE RANGEは消えてなんかいないからな

皆さんはこのバンドをご存じだろうか??

f:id:yanyan1888:20160812135227j:plain

そう、ORANGE RANGEである。
今の20代~30代前半くらいの方なんかはちょうど世代なんじゃないかと思う。

2003年にメジャーデビューした彼らは、ポップでわかりやすい曲調にノリの良いメロディを武器に瞬く間に売れていき、2004年12月にリリースした2ndアルバム「musiQ」では、264万枚売り上げるというモンスターバンドに成長した。


しかし最近ではめっきりメディアへの露出も減り、世間からは消えたとも思われるレンジ。

しかし彼らはちっとも消えてなんかいないのだ。
ちゃんと音楽活動をしている。

自主レーベルへの移行



ORANGE RANGEは、2003年6月に「キリキリマイ」でメジャーデビューしてから、Sony Music内のgr8!Recordsというレーベルに所属し、活動していた。ちなみにこのレーベルには、YUIUVERworldステレオポニーなども所属している、ソニーミュージックの中でもロックに特化しているレーベルである。

しかし彼らは、2009年8月にgr8からは最後のオリジナルアルバムとなる6thアルバム「world world world」をリリースし、2010年7月にリリースするベストアルバムを最後にメジャーという舞台から一旦降りることとなる*1

f:id:yanyan1888:20160812140833j:plain

2010年7月に彼らは自主レーベル「SUPER((ECHO))LABEL」を設立。
翌日からは「ウトゥルサヌ」を配信・レンタル限定でリリースし、新たなる活動を開始する。

制作もしているんやで

たまに友達とかから「オレンジレンジって今何してんだろうねー。曲出してないよねー?」みたいな話を聞くが、全然そんなことはない。
リリースペースこそは落ちているが、ちゃんと曲のリリースを行っている。

アルバムだけでも、

  • 「orcd」(2010年)
  • 「NEO POP STANDARD」(2012年)
  • 「spark」(2013年)
  • 「TEN」(2015年)

と1~2年のペースでリリースしているのだ。

なぜ自主レーベルを立ち上げたか



これは、彼らの立ち上げた「SUPER((ECHO))LABEL」のレーベルのHPにも書いてあることなのだが、彼らは自由な音楽をやりたかったのである。
あるインディーズロックバンドが「メジャーに移籍してから変わった」と言われるのはよくある話だ。

それはメジャーに移籍となると、インディーズ時代よりも純粋にバンドに入ってくる収益が減るからである。
メジャーレーベル各位は大手の会社だから、アーティストの売り上げをこぞっと持っていく。だから単純にアーティストに入る収入が減るのである。

もちろんメジャーである分、メディアの露出も増えて宣伝活動はしやすくなるし、携わるスタッフもインディーズ時代の比ではない。

でも食べていくには売り上げを残さなければならない。
だからどうしても売れ線を狙った曲を書いてしまう。また、タイアップなどの関係により、自分の書きたい曲が書けないというアーティストもいるのが事実である。YUIがソロ活動を止めてしまったのは「タイアップにより自分の好きな音楽が出来ないから」というのは有名な話だ。


おそらくレンジもそう考えていたうちの一バンドであろう。
レンジが好きで詳しい人ならよくわかると思うが、もともとの彼らの音楽と言えば、メジャーでの売れ線に対応できるような曲ではなく、もっと自由で、いい意味でふざけた音楽なのである。

「音楽は自由であるべきだ」
を持論としている彼らにとって、メジャーレーベルは窮屈だったのかもしれない。

コンスタントなライブ活動

f:id:yanyan1888:20160812144427j:plain

メディアへの露出は減っているレンジだが、その分ライブへの出演はむしろ増えているんじゃないかと思える。

彼らは先述した各アルバムのリリースツアー以外にも、

  • 対バン企画
  • 過去作中心のFCツアー

を自主的に行っている。

縁舞

彼らが定期的に行っている対バン企画というのはこの「縁舞」である。

orangerange.com


縁舞では会場は基本的にライブハウスを選んでおり、ロックバンドを対バン相手に招いている。
ロックファンにはたまらないイベントなのである。

過去には、

などを呼んでいる。激アツかて


自主企画以外にも対バンでライブはしており、最近では04 Limited Sazabysとかと対バンしていて、「フォーリミと一緒にイケナイ太陽歌った」みたいなのをTwitterで見て「いいなあああああああああああ」となった覚えがある。

RANGE AID+ presents “RWD← SCREAM 011,013,015”

彼らは定期的に、gr8!records時代にリリースしたオリジナルアルバムを中心にセットリストを組んだ、コンセプトツアーをしている。
これがまた熱いのである。

2011年には1stアルバム「1st CONACT」
2013年には2ndアルバム「musiQ
2015年には3rdアルバム「ИATURAL

のコンセプトツアーをしている。

いずれのアルバムも、大きくヒットを飛ばしたアルバムたちであり、昔からのファンにはたまらないツアーなのである。


15周年記念コラボアルバム

そんな彼らは今年の7月20日に、15周年を記念したコラボアルバム「縁盤」をリリースした。
このアルバムは彼らが過去にリリースした名曲たちを、外部のアーティスト・バンドとコラボして、新たに曲を録音したアルバムなのである。


youtu.be

これはMONGOL800とコラボした「以心電信」
この曲は実はPVが作られていなかったのだが、今回のコラボを機に制作されている。

6年ぶりにMステに出演

そんな彼らは本日の「ミュージックステーション」に6年ぶりに出演する。
僕はうひょおおおおおってなった。
演奏するのは「以心電信」である。

是非チェックしてほしいな。


ちなみに[Alexandros]も出るらしいが、なんで彼らはまた「ワタリドリ」を演奏するのかよくわからない。笑




以上、ORANGE RANGEは、まだちゃんと音楽活動してるよ!!という話でした。

*1:2012年にSPEEDSTAR RECORDSと業務提携してからはメジャー扱いに戻っている