ぼそっと僕は小言を言う

それなりに人生やってきたつもりだけど、よくわからない。

【夏フェス】お前ら本当に曲を理解してサークル作ってんのか

こんにちは!最近サボり気味のたかやんです。





今日はまた、音楽通ぶった話をしようと思います。


背景

f:id:yanyan1888:20160906111628j:plain


さて、音楽好きの方は、よくアーティストのライブとかに行かれると思います。
そしてこの夏になると、各地で夏フェスというものが開催されているんですね。




有名どころをあげていくと、


などがあります。



特に昨今の音楽業界は、
CDの売り上げに反比例し、ライブでの経済効果が右肩上がりなので、どこの都道府県に行ってもフェスってやっているんですよね。



かくいうわたくしも、先日、
地元愛知県蒲郡市で開催されている、TREASURE05Xというフェスのラグーナビーチ公演に行ってきました。
(前の土日に、ちっともブログ書けなかったのはこいつのせいです。許してください笑)

f:id:yanyan1888:20160906164427j:plain
www.treasure05x.jp

なので、このトレジャーというフェスに行って、思ったことを書いてみたいと思います。



年々増加する客


このTREASURE05Xというフェスはもう4年連続で行ってるんですが、本当に人が増えてきているんです。





僕が行きはじめたのは、2013年の時なんですが、この頃はまだラグーナビーチ公演は、1daysしかやっていませんでした*1

この年は前々から行こうと思っていたわけではなく、開催する1,2週間前に、ふと「行きたい!」と思い立って、まだチケットが売り切れてなかったので、即行動で売ってるところを探して、結果すぐ見つけられたので無事に行けたって感じでした。




それが、去年か一昨年くらいになったらチケットが売り切れるようになり、
今年なんかは倍率が高くて、チケット購入したくても購入出来ないという状況が生まれるほどに成長したんです。




一般論で考えると、チケットが売り切れる状況になるまで、フェスとかイベントが成長するのは、主催者的にも全体的な経済的にも良いことなんですが、
この人がごった返す現状が、「これはどうなの?」という状況を産み出してしまっているのも現実なのです。


それが、サークルモッシュに関する問題です。


サークルモッシュとは

フェスやライブハウスなどに良く通うような、ロックバンドのファンにとっては馴染み深いこの言葉。
そうではない人にとっては、どういうことなのか良くわからないと思うので、軽く説明しますね。


ストーム(storm)とは、ロックやヘヴィメタル、ハードコアなどのギグやライブコンサートで見られる共鳴的動作の一つ。サークルモッシュ、サークルピット、左回りなどと呼ばれることもある。

複数のオーディエンスが、ある一点を軸に竜巻さながらの渦のような人の流れを生み出す現象で、とりわけギグやブロックで区切られた構成を採用するライブコンサートで見られる。「ムカデ競争の竜巻」という形容が似合う。エアギター、ヘッドバンギングモッシュダイブなどと共に見られる動作である。

(Wikipediaより)

matome.naver.jp


要するにどういう現象かと言うと、以下の写真のような現象です。



f:id:yanyan1888:20160906113929j:plain
遠くから見ると、曲の途中(主にサビ前)でこんな円が出来るのです。



f:id:yanyan1888:20160906114019j:plain
このように、隣の人と肩を組んで、盛り上がることもあります。


こういう組まれた円をサークルといいます。

で、モッシュはどういう現象かと言うと……。





f:id:yanyan1888:20160906114915j:plain
こんな感じで人と人がぶつかりあって、盛り上げることを言います。

一般的には、サビ前くらいでサークルが出来て、サビに突入したら、そのサークルの中心に一気に人が押し寄せて、モッシュになって盛り上げるって感じですね。


ロック好きでもなんでもない人たちにとっては、「何この苦行(笑)」「絶対やりたくない」って思うかもしれないんですけど、好きな音楽に合わせてこうやって盛り上げるのって、すごく楽しいんですよ!(笑)


ただ、やはり人と人がぶつかり合うので、もちろん安全では無いですし、多くのフェスやライブでも(表面上は)モッシュを禁止としています。
人が転けたりして、その上に人が乗っかっちゃってドミノ状態になっちゃったりします。

でも、ロックファンは基本的にはいい人ばかりなので、転んだ人がいたら、ちゃんと手を差し出して助けてくれます。
人と人の助け合いを感じれる良い瞬間です(笑)



ですけど、このサークルモッシュという現象、人がめちゃくちゃ多いフェスならではの問題が起きているのです。


サークルモッシュにはタイミングというものがある


ロックに限らず、J-POPとかもですけど、
同じアーティストにも、アップテンポな盛り上げる楽曲と、バラード調の聴かせる楽曲ってありますよね。



サークルモッシュというのは本来、このうちのアップテンポな盛り上げるような楽曲で起こるものです。

ロック界隈ではバラード調の曲をミディアムバラードなんて言ったりするんですが、そういう楽曲はあくまでも聴かせる楽曲なので、サークルモッシュするような楽曲ではないんです。



ですが、たまに、ミディアムバラードに近いような楽曲でサークルモッシュが起きたりするんです。フェス等では顕著になって現れます。


さあ何故なのか。



曲を良く知らない奴らがサークル作ってウェイウェイしてる


こういうことなんですね。



フェスって色んなバンドが来るから、本命のバンドなら楽曲知ってるんだけど、そうでないバンドだと、「この曲ちゃんとは知らないけど、なんとなく聞いたことはあるなぁ」とか「サビまで行けばわかるかなぁ」という感じで、テキトーにサークル作っちゃう奴が出てくるんです。




曲の流れとかを理解していない奴がサークルを作ると、
「え?いつモッシュすればいいの?」とか、「ここサークルで回る流れじゃなくね?」とか、
そういう空気が生まれてしまうわけです。




ロックファンの中に結構「サークル嫌い」って言っている人がいるんですが、上記のようなことを原因にして嫌いになっているんですね。



たまにいるサークルを嫌うバンドマン


あとたまにいるんです。
自ら、「俺らのライブでサークルモッシュしないでくれ」って何処かしらで公言しているバンドマンが。

こういったバンドマンは「ファンに目立ってほしくない」とか「危ないから」などの理由で嫌っていたりします。



そういったバンドのファンの方は、そのバンドマンがサークルを嫌うことを理解しているから、基本的にはサークルを作ったりしません。



ですけど、先ほどもいったような、俗に言うにわかのような人達は、そのことを理解していません。
だからサークルを作ってしまうんです。




9mmなんかはサークルモッシュダイブを毛嫌いしていることで、有名なんですが(Mステに出演した際にボーカルの卓郎さんが言っていた)、先日のトレジャーでは容赦無くサークル出来てました。
「この曲でサークル作んの?」みたいなタイミングで出来ていたりもしたので、ファンの間でも空気とか雰囲気が噛み合っていなかったのが一目瞭然です。



マナーを守れば楽しいサークルモッシュ

f:id:yanyan1888:20160906170706j:plain

結構否定的に見える意見をガンガン書いたんですけど、僕はどちらかと言えばサークルモッシュ好きな人間です。



サークルに混ざっていると、知らない人とでも音楽で繋がっている感が得られるので、きちんとマナーとモラルを守れば楽しいものです。




サークル嫌いなバンドマンもいますけど、むしろ「でっかいサークル作れお前ら!」と煽ってくるバンドマンもたくさんいるので、そういったときは是非サークル作ってわちゃわちゃすると最高に盛り上がります。




twitter.com
coldrainなんかはmasatoさんが
「夢をひとつ叶えてもいいですか。あの青いテント(PA席)の周りにでっかいサークル作ってくれるか!!」みたいなニュアンスの言葉で煽り、こんなサークルが出来てました。笑
ここまで煽られるとほんとに楽しいです。




こういう風景はライブハウスじゃなくて、野外フェスじゃないと見れない光景ですからね。


まとめ

まあ要するにですね。
色々ごちゃごちゃ書いたんですけど、ちゃんとそのバンドの事とか楽曲を理解して、タイミングをわかった上で、マナーとモラルを守れば、サークルモッシュも楽しいねって話です。



ロックフェスに行ったことないけど、興味はあるよって方は、夏フェスシーズンはもう終わっちゃいますけど、年末にも色々フェスがありますので、是非行ってみてはいかがでしょう?!




*1:翌年の2014年から2days開催に